風俗店の営業時間はちゃんと守られているかどうか

良い風俗店というのは、必ず風営法に基づいて営業しているお店のことです。

店舗型でも無店舗型(デリヘル)であっても届け出を出して営業する必要があります。

無届けで営業しているお店というのは、店舗があろうがなかろうが、警察にバレたら摘発の対象となってしまうのです。

風俗店が並んでる所だと警察の目も届きやすいのですぐにバレてしまったりしますが、それ以外の地域でやっているようなお店には注意です。

他にも届出を出しているかも大事ですが、営業時間を守っているかというのも重要なポイントです。

風営法が変わってから、デリヘルを除く店舗型風俗店は深夜12時までしか営業してはいけないという決まりになっています。

地域によっては午前1時・2時までの営業も例外として認められている場合もあります。

営業時間は0時までと記載しているにも関わらず、0時過ぎてもプレイを続けていたり、お客さんをお店に入れてしまうようなお店は優良店とは言えません。

女の子を違法時間に働かせているということになってしまいます。

ちゃんとした風俗店なら時間ギリギリになってしまいそうな場合は電話を貰った時点でお客さんに「本日は出来ない」などときちんと説明をしてくれるはずです。